社福QB2019
2/16

(4●何が問われているのか,何を意識して学習すればよいのかを示します.●選択肢の○×の根拠を簡潔にわかりやすく示しています.●付録の赤色チェックシートで重要語句,選択肢の○×と正解を隠すことができます.死滅した部分(梗塞巣)50歳以降,加齢とともに増加する.男性に多い.感情の調節ができなくなり,少しの刺激で泣いたり笑ったりする.(感情失禁)p.105)2019 レビー小体型認知症に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい.1 米国人によって提唱された疾患である.2 レビー小体は主に脊髄に蓄積する.3 臨床診断に用いる中核的特徴にパーキンソン症状がある.4 幻覚症状の中では幻聴が最も多い.5 前頭側頭型認知症とも呼ばれる. レビー小体型認知症に関する全般的な知識を問う問題であり,発症の原因や主な症状を理解できていれば正答できる.アルツハイマー型認知症,脳血管性認知症などと比較しながらの学習も有効である.(RB p.104)1× レビー小体型認知症は,日本人(小阪憲司医師)によって提唱された疾患である.日本2× レビー小体とは,神経細胞の中にみられる異常なタンパク質であり,主として大脳皮質や脳幹に蓄積する.3○ 初期にはパーキンソン病と似た,振戦や筋固縮などの症状がみられる.4× 幻覚症状の中では,生々しい具体的な幻視が多いといわれている.5× ピック病などの前頭側頭型認知症は,人格の変化や行動異常など社会的に問題となる症状がみられる疾患であり,レビー小体型認知症とは別の認知症である.(RB 分 類アルツハイマー型認知症脳が全体的に萎縮する.特 徴原 因老化に伴うβたんぱくの脳内への異常蓄積(老人斑)全般的認知症・見当識障害,記銘・記憶力障害など全ての能力が低下し,段取りを決めることや短期記憶の保持が難しくなる.長期記憶,手続き記憶は比較的よく保たれる.症 状・患者本人に病識がない.年齢・性別70歳以上に起きやすく,女性に感 情自然な喜怒哀楽の感情に乏しくな多い.る.(感情の平板化)□□□解法の要点解法の要点解 説解 説基本事項基本事項30 正 解 3【正答率】77.2% 【選択率】1:4.9% 2:3.6% 3:77.2% 4:4.4% 5:9.9%■主な認知症の分類脳血管性認知症脳卒中を起こした所のみ神経細胞が死滅する.脳卒中(脳梗塞や脳出血など),高血圧,糖尿病,心疾患・脂質異常症などまだら認知症 ・記憶力障害はみられるが,判断・理解力は保たれる.・患者本人に病識がある.●今後判明する正誤情報は弊社HPに掲載してお知らせします.● 本書は2018年3月末日までに把握した情報をもとに構成しております.本書の発行後にも法律や制度の改正や変更が行われる場合があるため,あらかじめご了承ください.解法の要点解法の要点●出題者の視点に立ち,どのような意図で出題されているかを示します.解 説解 説基本事項基本事項補足事項補足事項(RB p. 104)は,参考書『社会福祉士国家試験のためのレビューブック2019(RB)』の参照ページを表します.正答率・選択率正答率と各選択肢の選択率を掲載しています.(問題番号) 第29回問題6を表します. 問題を解く上での最重要ポイントです.試験直前の確認にも使えます.また,他の問題を解く際にも応用が効きます. 問題に関連した覚えておくとよい補足的な事項です.29-6本書の使い方29-6

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る