社福QB2019
3/16

⎬⎫⎭ 5 3×  4× 部門別社会保障給付費の対国内総生産比は,「年金」が10.32%で最も高く,「医療」は7.09%となっている.なお,部門別社会保障給付費はかつては「医療」が最も高かったが,1981(昭56)年に「年金」が「医療」を逆転して以後,「年金」が最も高くなっている.(RB p. 375,377)●古い法律や制度は,最新の● 「厚生労働白書」や各種調査などの数値や結果も,新しい情報に更新しています.□□□(改 題)解法の要点解法の要点解 説解 説語句説明語句説明7章 社会保障203 「平成27年度社会保障費用統計」(国立社会保障・人口問題研究所)の内容に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい.1 社会保障給付費の対国内総生産比は20%を超えている.2 政策分野別社会支出の構成割合が最も高いのは,「家族」に対する支出である.3 政策分野別社会支出のうち,「住宅」支出の構成割合は10%を超えている.4 部門別社会保障給付費の対国内総生産比をみると,「医療」が最も高い.5 社会保障財源をみると,公費負担の割合が最も高い. 社会保障費用統計や社会支出の現状を問う問題であり,その特徴をおさえておくことは基本である.なお,出題時は,その時点での最新版ではなく,1年古いデータが扱われた.丸暗記するのではなく,傾向を把握しておくことが必要である.1○ 社会保障給付費の対国内総生産比は,21.58%である.2014(平26)年度は21.66%であり,前年度から下落しているが,20%は超えている.なお,社会保障給付費総額については,2015(平27)年度が114兆8,596億円,2014(平26)年度が112兆1,672億円であり,毎年度増加している.(RB p. 375)政策分野別社会支出の構成割合が最も高いのは「高齢」(46.4%)であり,「保健」(34.5%),「家族」(5.8%)と続く.「住宅」が占める割合は0.5%に過ぎず,9つに分類された政策分野で最も低い.(RB p. 378)2× 5× 社会保障財源の内訳は,社会保険料が54.3%で最も高く,次いで公費負担が37.4%である.(RB p. 377) 【正答率】61.8% 【選択率】1:61.8% 2:3.3% 3:8.2% 4:16.2% 5:10.4%●社会保障給付費:社会保障制度を通じて1年間に国民に給付される金銭またはサービスの総額のこと.正 解 1自信度チェックボックス ○△×を使って学習記録をつけられます. 正解したら○,あやしいところには△,間違えたところには×をつけ,全部○になるように復習しましょう.(改 題)内容に改題しています. 問題のポイントとなる語句について解説しています.ピンクの枠で囲った問題は,一番新しい過去問(第29回)です.語句説明語句説明『RB』で知識をたくわえます.辞書のように使うことも可能です.『QB』で問題を解き実践力を身につけます.29-50『QB』には,『RB』の参照ページがついているため,関連事項をすぐに調べることができます.7章『QB』×『RB』で国試合格!本書には,姉妹本として『社会福祉士国家試験のためのレビューブック2019』(以下『RB』)があります.本書には参考書『RB』の参照ページを掲載していますので,本書で問題を解いた後に『RB』を確認することで学びを確実なものにすることができ,反復学習することで,より知識が定着していくことでしょう.

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る