社福QB2019
4/16

重量からみた相対成長曲線❷神経型❹リンパ型❸生殖器型❶一般型002468し歯5× Scammon(スキャモン)の発育曲線で表されるように,リンパ系組織の成長のピー 身体の標準的な成長・発達に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい.1 器官が形成され始めるのは,受精後24週以降である.2 体重が出生時の約2倍になるのは,出生後3〜4か月である.3 身長が出生時の約2倍になるのは,2歳前後である.4 乳歯は,生えそろうと32本になる.5 リンパ系組織が成長のピークとなるのは,乳幼児期である. 小児の正常発達を把握しているかが問われている.選択肢の中には判断が難しいものもあるが,基本的なことをおさえておけば,正答できる.(RB p.54〜)1× 器官は受精後約8週までに形成され,24週にはほぼ完成される.2○ 出生時の体重は約3,000gであり,生後3ヵ月は1日当たり約30gの体重増加が正常3× 出生時の身長は約50cmであり,その2倍になるのは4歳前後である.4× 乳歯は生えそろうと20本,永久歯は32本である.これは,大【正答率】50.5% 【選択率】1:19.8% 2:50.5% 3:12.6% 4:4.9% 5:12.1%■スキャモン,R.E.の発育曲線❶一般型(呼吸器,消化器,循環器,筋肉,骨,血液など)➡身長,体重の成長パターン❷神経型(脳,脊髄,感覚器)➡運動機能の発達,頭囲の成長パターン❸生殖器型(精巣,卵巣,前立腺など)➡生殖機能の発達パターン❹リンパ型(胸腺,リンパ組織)➡免疫能の発達パターンである.したがって,出生後3〜4ヵ月で出生時の2倍となる.めである.クは12歳前後である.(RB p.55) □□□解法の要点解法の要点解 説解 説基本事項基本事項11200%180160140120成人のレベル100%80604020101214161820年齢きゅう臼だいが存在しないた正 解 2201929-11章 人体の構造と機能及び疾病

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る