社福QB2019
6/16

支給対象である.合には,療養の給付に要した費用の2割の額である.療養の給付に要した費用の3割の額である.額支給対象である.療養の給付に要した費用の3割の額である(第74条第1項).(RB p. 402)□□□解法の要点解法の要点解 説解 説222★★正 解 4 高齢者に対する医療保険制度における給付と負担に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい.1 65歳以上の加入者の療養病床での食事・室料は,入院時生活療養費として全額2 70歳以上の加入者の埋葬料・埋葬費は,家族療養費として支給される.3 70歳から74歳までの加入者の一部負担金は,加入者が現役並み所得者である場4 75歳以上の加入者の一部負担金は,加入者が現役並み所得者である場合には,5 75歳以上の加入者が選定した特別の病室の室料は,保険外併用療養費として全 医療保険制度の概要に関する出題は頻出である.今回は高齢者に対する医療保険の給付と負担に関する問題であったが,各種保険制度の医療給付内容(一部負担,入院時食事療養費,高額療養費関連,入院時生活療養費,現金給付など)について,『健康保険法』などに照らし合わせ確認しておくこと.1× 65歳以上の加入者の療養病床での食事・室料は,入院時生活療養費として給付されるが,全額支給ではなく,生活療養費負担額として自己負担が必要となる(『健康保険法』第85条の2第2項).(RB p. 407)2× 医療保険の被保険者または被扶養者が死亡した場合,埋葬料および家族埋葬料が現金給付される(第100条第1項,第113条).家族療養費は被用者保険において支払われるもので,被扶養者に対する療養の給付のことである.(RB p. 407,410)3× 70〜74歳までの加入者の一部負担金は,加入者が現役並み所得者である場合には,4○ 75歳以上になると,これまで加入していた健康保険を脱退し後期高齢者医療制度の適用となる.この制度において,現役並み所得者の一部負担金は3割である(『高齢者の医療の確保に関する法律』第67条第1項).(RB p. 401〜)5× 75歳以上の加入者が選定した特別の病室の室料は,保険外併用療養費として支給対象であるが,基礎的部分(入院基本料相当)の費用のみであり,全額ではない(『健康保険法』第86条第1,2項).(RB p. 546〜) 201928-7010章 保健医療サービス

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る