社福RB2019
10/16

□① 介護保険施設には,介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム),介護老人保健施設,介護療養型医療施設,介護医療院がある.➡介護療養型医療施設は2012(平24)年3月で廃止されることになっていた.しかし,2011(平23)年の制度改正において,新設は認められないものの,2018(平30)年3月末日まで同施設に関する規定は効力を有するものとされた.➡2018年3月末日以降は,制度としての介護療養型医療施設は廃止されるものの,増大するニーズに応えるため,機能はそのまま存続される.➡2015(平27)年度の介護報酬改定により,介護療養型医療施設に療養機能強化型の算定要件が創設された.➡介護医療院は,新たな介護保険施設であり,2017(平29)年の法改正によって創設された.(p.839参照)➡介護療養型医療施設の廃止は,2017(平29)年の法改正によって,2024年3月末日まで延期された.□② 市町村は,要介護被保険者が指定施設サービス等の施設サービスを受けたときは,要介護被保険者に施設介護サービス費を支給する➡指定施設サービス等とは,都道府県知事が指定する介護老人福祉施設等により行われる介護福祉施設サービス,介護保健施設サービス,介護療養施設サービスのことである(「指定施設サービス等に要する費用の額の算定に関する基準」).(『介護保険法』第48条第1項).888施設サービス29-44-52019

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る