社福RB2019
11/16

・介護支援専門員・薬剤師・栄養士・ 精神保健福祉士 ・介護支援専門員・支援相談員・薬剤師・栄養士 ほか「介護老人保健施設の人員,施設及び設備並びに運営に関する基準」及び都道府県の条例に従う.(1人当たり)入所期間の目安▼介護保険施設設置の根拠法(※)・ 特別養護老人ホームのうち,都道府県知事の指定を受け,介護保険の給付対象施設となったもの  ・ 2015(平27)年度から特別養護老人ホームの新規入所者は,原則として要介護3以上に限定されている.ただし,認知症や精神障害,家族等による虐待等によるやむを得ない事情がある場合は,特例入所として要介護1・2でも入所できる.施設名介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム(※))老人福祉法医療行為施設の位置な し付け機 能生活援助身体上または精神上著しい障害があるために,常時の介護を必要とし,かつ居宅においてこれを受けることが困難な要介護者(※)対象者管理者医師でなくてもよい・医師・看護職員・介護職員・機能訓練指導員・介護支援専門員・生活相談員・栄養士 ほか「指定介護老人福祉施設の人員,設備及び運営に関する基準」及び都道府県の条例に従う.人員基準居室の広さ期限なし都道府県知事の指定許可・指定(更新6年)を「指定介護老人福祉施設」という.27-131-5介護老人保健施設介護保険法中間的機能在宅復帰,機能訓練,医学的管理病状安定期にあり,入院治療の必要はないが,リハビリテーションや看護・介護を必要とする要介護者・医師・看護職員・介護職員・ 理学療法士,作業療法士又は言語聴覚士短期(3ヵ月)都道府県知事の許可(更新6年)88816章 高齢者に対する支援と介護保険制度介護医療院介護療養型医療施設介護保険法・医療法あ り医療的機能長期療養,機能訓練,医学的管理,生活施設長期療養患者で,日常的な医学的管理が必要な重介護者や,看取り・ターミナルケア等が必要な要介護者長期療養,機能訓練,医学的管理病状が安定している長期療養患者で,カテーテル装着等の常時医学的管理が必要な要介護者(右に該当する者を除く)医 師・医師・看護職員・介護職員・ 介護支援専門・医師・看護職員・介護職員・ 理学療法士及び 員 ほか作業療法士「介護医療院の設備及び運営に関する基準」及び都道府県の条例に従う.ほか「指定介護療養型医療施設の人員,設備及び運営に関する基準」及び都道府県の条例に従う.広狭長期都道府県知事の指定(更新6年)16章29-134-4

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る