社福RB2019
9/16

..る.(『医療法』第6条の4第2項).55510章 保健医療サービス10章□⑥ 病院又は診療所の管理者は,患者を入院させたとき,入院日から起算して7日以内に,診療を担当する医師又は歯科医師により,入院診療計画書の作成,患者又は家族24-68-5い.ただし,患者がへの交付及びその適切な説明が行われるようにしなければならな短期間で退院することが見込まれる場合などは,例外である(『医療法』第6条の4第1項,「医療法施行規則」第1条の5).➡入院診療計画書には,患者の氏名,生年月日及び性別,担当する医師又は歯科医師の氏名,傷病名及び主要な症状,治療計画,リハビリテーションの計画などが示さ28-73-3れている□⑦ 病院又は診療所の管理者は,患者を退院させるときは,退院療養計画書の作成,交□⑧ 患者又は家族に説明し,同意を得て立案する退院支援計画書は,看護師や社会福祉〔患者の権利擁護〕□① 保健医療サービス提供者が配慮すべき患者の権利擁護(アドボカシー)の方法として,インフォームドコンセントの実施,セカンドオピニオンの確保が求められている.□② インフォームドコンセントは,医師から医療行為の性質・危険性・利益・他の方法の危険性と利益について適切な説明を受けた後,患者が理解・同意し,強制的ではなく自発的に承諾をすることであ➡インフォームドコンセントという言葉が初めて示されたのは,ヘルシンキ宣言にお□③ インフォームドコンセントにはアカウンタビリティが確保されなければならない.➡アカウンタビリティとは,サービス提供者が行う保健医療サービスを患者に明確に□④ セカンドオピニオンは,治療上の意思決定において,患者が診療を受けている医師➡患者又はその家族の承諾を得て,入院診療計画書の書面の交付に代えて,一定の電付及び適切な説明が行われるよう努めなければならない(第6条の4第3項).➡退院療養計画書には,退院後の療養に必要な保健医療又は福祉サービスに関する事士などの関係職種が連携して,作成す➡退院支援計画書には,患者の氏名,病名,退院に向けての課題点,目標設定,支援期間・概要,予想される退院先・社会福祉サービスの利用などが示されている.る.いてであ説明する責任である.とは別の医師の意見を聞くことであ28-73-2項が示されている22-66-3 27-76-5 29-75-324-68-2る.22-66-2 24-88-1 27-76-1 29-124-430-74-1磁的方法で提供することができる24-68-3る.22-66-1 27-76-2

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る